20代の頃の行動力、40代で見えてしまう現実

あの頃は確かに元気だった。。

今、新規事業を起こそうとしている。そんな私を横で見ている夫は、現実ばかりを見てぐずぐずしている(と見えている)私に発破をかける。「あの職場で元気に働いていた頃のパワーを出しなよ!」と。

同じ会社で働いていた夫と私は、既にお互い退社しているあの会社についてはかなりのインパクトの思い出となって胸に刻まれている。勢いを重視する会社だっただけに、残業は毎日遅くまでするのが当たり前。ワンマン社長からの陰湿な檄が飛んでくる毎日。お互いを監視するかのような先輩社員の目線。それらをいかに軽やかに楽しく乗り切っているかを演じるのが勝負どころ、みなたいな職場だった。

それを結構な勢いで乗り切っていた私。そして、まあまあ認められてサブリーダー的な位置で頑張っていた自分。今思えば、あれは20代後半から30代前半にかけての、一番体が動くお年頃だったからできた芸当かもしれなく、当たり前のことだが、体力も気力もみなぎっていた時期。

 

その頃のパワーとフットワークを思い出せ! と仰いますが…これいかに難儀なことか…

 

20代で見えているものと40代で見えているもの

一番の違いは、その後10年間ほどあの会社を離れてみると見えてきた、世間の冷静な空気。地道に計画を立てることの大切さを身にしみて見せつけられてきたこの10年間。あぁ、あの会社にいたことは幻か、異世界か、別の惑星か。。

 

その後フリーランスとなった私は、そんなことを学びとってきてしまったために、”あの頃”をかなぐり捨てるかのごとく、”あの頃”身につけてしまった歪んだ社会性を修正することに集中してきてしまった。フリーランスになると同時に結婚生活も初期だったために、夫婦二人で、というか、自分以外の人間と一緒に暮らしていく「家庭」という空間を、いかに心地よいものにできるかということに試行錯誤していた時期でもある。もちろん”あの頃”の空気感では、とうてい「平和な」空気なんて作れるわけがない。だから、”あの頃”の感覚は、一生懸命にかなぐり捨ててきたのである。

 

気持ちを維持し続ける底力

で現在、いざ、新規事業を起こそうとなると、行動力というものが必要になるわけで。その行動力というか起動力というか、底力みたいなものというのは、実は”あの頃”持っていた力が役立つのだ。それはわかっているけれど、実際、体力が追いついてこない。。心と体は連動するものだから、気持ちもユルめ。あの頃とは違う、「まあ、このくらいにしておこうか」という気持ちが強め。。

 

 

そんな、過去の元気な自分との板挟みの昨今です。