生理痛は本来はなくていいもの

生理痛は無いのが当たり前

「生理痛は無いのが当たり前」と言われても、中学生の頃から人一倍痛みを抱えていた私にとっては、簡単に聞き入れられる言葉ではありません。そうと分かっていて病院にかかってみても、医者からは「生理痛くらい誰でもありますから。ま、痛み止めを飲んでください。」という診断を仰ぐばかりが続きました。生理痛は無いのが当たり前なのか、それともこれくらいの痛みは誰でもあるものなのか、気持ちは彷徨い続けます。

しかし病院では痛みを薬でやり過ごすしかないと言われてしまうので、1〜2年ごとに別の病院にかかってみるのですが、返ってくる言葉はどこも同じ。そんな状態を数回も繰り返せば、自分の中ではもうそういうものらしい、というあきらめが自分の気持ちを覆い尽くしました。

結婚してからも、子どもは欲しいけれどこの毎月の痛みと体調の不良では、子どもを儲けるのはそう簡単ではないのでは? と自分では感じるものの、医者にかかっても返ってくる言葉は相変わらず同じでした。「痛みはみなさんあるものですからね。ま、痛み止め飲んで。子どもができれば生理痛もなくなるから!」結婚後に加わるようになった最後のフレーズ。「子どもができれが〜」この言葉と私の常日頃感じている不安感とは、ずっと相反するものとしてどうしても納得いくものではありませんでした。

 

痛みがあれば薬に頼ってばかりいてはダメ

10箇所ほどの医療機関で診てもらった私の経験上で言うと、産婦人科のお医者さん、特にクリニックのお医者さんは積極的に生理痛の原因究明には関わろうとはしなかった印象があります。もちろん問診、内診は行ってもらえましたが、その痛みや症状の原因を探ることに対しては真剣に取り合いません。内膜症の疑いがあるかどうかを視るための血液検査(腫瘍マーカー)を何度かしてもらいましたが、その度に「うーん、数値はそれほど高くないけど内膜症にはなりやすいのかもしれませんね。」とのこと。「そんなに痛いなら、痛み止めを多めに出しておきますか?」「これ以上この痛みの原因を探るにはお腹を開くしかないよ」とか、とにかく痛みを訴えている患者の気持ちを突き放すような言葉のようで、まったく寄り添ってくれない冷たささえ感じました。内心ではきっと「そんなことより早く子ども作りなよ」とでも思っているようでした。医療者によって診断力には差があるようですが、痛みを抱えている自分自身が日頃感じている違和感と向き合い、もっと診てもらいたいと感じたなら、自らお医者さんに願い出て、詳しく診てくれる大きな病院への紹介状をもらうのが一番早い方法かと思います。

 

自分で自分の体と心の状態を観察することがとても大切

過去の私は、病院にかかっても結局は鎮痛薬しか出してもらえなかったので、自分なりに体質改善方法を模索しました。本当にたくさん模索しました。ヨガ、漢方、ハーブなど。しかしこのような代替療法と呼ばれるものはまだ病気や症状の悪化の起こっていない体に対しての体質改善法であって、すでになってしまっている病をこれらの方法で治すことは難しいのだとか。

そのなかでも特に体質改善に効果を感じた特別なプログラムのヨガでは、5ヶ月の間に自分の身体を観察して大きく改善する手応えはありました。しかしそれでも生理周りの不調、酷い痛みは変わらずあります。その時点で気付けたことは、「私の内膜症はすでにかなり大きくなってしまったのかな」という実感です。以前とはずいぶん違って身体が軽くなっている実感はありました。気持ちもとても前向きだし、何よりヨガを始めて2週間ほど経った頃から「あぁ、生きてるって気持ち良い!」という気持ちが自然と湧いてきた変化がありました。生理時のあらゆる苦しみによって生きている意味が分からないと思うことさえあった自分の、この気持ちの動きには本当に驚きました。「え? いま誰の言葉??」と振り返ってみたくなったほど(笑)。そんな前向きな気持ちになれたことで、不調を抱えたままではいけないし、自分の身体の不快をとってあげるために、自分自身がもう少し真剣に取り合わないといけないな、という気持ちが芽生えました。

私は自分の体調の観察を、けっこうのんびりじっくりやりすぎてしまったのでは? とも思います。でもその「自分のペース」が一番大切なことだとも思っています。

 

精密検査はこわくない

ヨガでのその気づきの直後、実際に排卵時に今までに感じたことのない激しい腹痛に襲われてしまい、すぐに病院で精密検査をしていただきました。実はこの1年前にクリニックで大きな病院への紹介状をもらってあったので、この激痛が起こった時にはすぐに病院へ行くことができたのです。1年間も精密検査を受ける勇気を出すことができずにいた自分を、何かが「行け!」と背中を押したのかもしれません。

精密検査はどんなにこわいか、と身構えてばかりいた自分ですが、実際に受けてみるとその気持ちは完全に払拭されました。ちゃんと検査ができる病院に来たからなのか、とても対応の良いお医者さんや看護士さんばかりで、こちらの気持ちをとてもよく聞いてくださいました。「勇気を出してよく来てくれましたね」なんて先生が仰られたときには、泣きました(笑 本当に。

たとえどんな検査結果が出てきても、先生は前向きに検討してくださるばかりで、とても心強く感じました。

これなら、検査はもっと早く受けに来てもよかったかも…と。