春〜夏〜秋にかけてのめまい

気候はすっかり秋のようなすっきりとした空気になってきましたね。夏とは明らかに違うのは、湿気がないという点ではないでしょうか。そのおかげで夏のように蒸し蒸しとした感じもないので、体もすっかり軽くなった。・・・・・・と思うはず。

こういう時期が「季節の変わり目」ですね。季節の変わり目によく耳にするのは「体調の変化」ではないでしょうか。季節の変わり目による体調の変化が、いったいどんなものなのか、わかっているつもりでも実際に体調が崩れてしまうまであまり意識しないのも事実では?

私の身近では、春ー夏ー秋にかけての数ヶ月間に「めまい」をうったえる人が何人もいたので、最近はこの「めまい」について気になることが増えてきました。

 

とくに今年の夏は、急に暑くなったかと思ったら豪雨が何度もあったりした関係で、空気が常に湿った重たい感じがしていました。私たち人間の体が常に「水」に覆われている感じ。おまけに暑いときには水分をたくさん摂取したりします。体外からも「水」を多く含んだ空気が押し寄せる、体内へも口から「水」を摂取していて、水に浸かりっぱなしのようなものでした。摂取した水は汗となって体表から蒸発してくれればいいのですが、湿度の高い空気のせいでうまく蒸発してくれないこともあるようです。

 

豪雨が収まって暑い日が来る? と期待していたのになかなか暑くもならなかったために、体内には余分な水分がたくさん蓄積されたままになっているのではないでしょうか。そうなると「めまい」の原因につながってしまったりします。

耳の奥の内耳に水分が溜まってしまうと目眩を起こしてしまう可能性が高くなるようです。予防としては、この水分を体外へ排出できれば良いので、汗や尿として水分を排出させることが大切。

  • 体を動かして汗をかく
  • 利尿作用のある食べ物を摂って尿として排出する
  • ツボを押して排尿を促す

など。

 

知らず知らずのうちに体内には水分を溜め込んでしまう体質になってしまっているかもしれません。私の今年の夏は、水分摂取は必要以上に神経質になりすぎずに、この「水の排出」を意識して過ごしていました。

とある漢方薬局の方にアドバイスをいただいたのですが、体内の水を尿として排出するために水分をたくさん摂取する人がいるけれど、水分を摂っても利尿作用が活発にはならない、とおっしゃっていました。私もこの点は若干勘違いをしていました。水分摂取を増やせば利尿作用が高まる? と。このような作用はないようです。

 

利尿作用を高めるには、カリウムの摂取が重要。水(飲み物)は水。カリウムの入っているハーブティーや野草茶などとか、野菜、果物などを摂ることも大切。あとは汗をたくさんかくこと。

 

夏に体内に溜めてしまった水分は早めに体外は出してしまうことをお忘れなく。ふくらはぎの内側には水分排出のツボがあるのだとか。ツボをピンポイントで押すのは難しいかもしれないので、ふくらはぎ全体を自分でマッサージしておくだけでも効果はあるかもしれませんね。