ドクダミ化粧水

6月から7月にかけて庭にたくさん生えてくるドクダミ。庭先からの贈りものであるドクダミをふんだんに使って、自家製の化粧水を作りました。

【材料】

・ホワイトリカー 1.8リットル(1升)
・ドクダミ 適量
・アロエ 1葉

【手順:1】

ドクダミの分量は適量としましたが、チンキ(アルコール抽出する方法のこと)を作るときはいつも私は、漬ける植物(ハーブ)がアルコール液にひたひたに浸かるくらいを目安にしています。
今回はホワイトリカー1.8リットルを基準にしたので、それにひたひたになるくらいのドクダミを漬けました。(写真参照)それとアロエを1葉は端のギザギザを切り落とし、適当に刻んで一緒に漬けます。

日々、瓶の中の様子を見がてら瓶を振って中身を混ぜました。
漬け込んで1ヶ月ほど待てばできあがり。

【手順:2】

化粧水にするにはもう一手間必要です。
・化粧水ボトル 200ml入るもの(「無印良品」や「生活の木」で購入可)
・グリセリン 10ml(5%濃度)
・できあがったチンキ 200ml

グリセリンの量には少し気をつけます。5〜10%濃度で使うのが良いようです。保湿効果のあるグリセリンですが、これ以上濃いと肌がべたついたり、肌の乾燥を引き起こしてしまうという逆効果もあるそうです。
汗ばむ夏は5%程度に、空気が乾燥する冬は10%程度に調整するといいでしょう。

夏の汗で肌の調子が悪いかなという時も、このドクダミ化粧水で抗菌してキレイさっぱりと過ごせますよ。

 

ドクダミについて

【作用】
消炎/強心/抗菌/解熱/緩下/利尿/排膿

【適応】
便秘/水虫/いんきん/たむし/吹出物/高血圧/動脈硬化/尿道炎/冷え/むくみ/蓄膿症/痔

〈参照:「日本のハーブ事典 身近なハーブ活用術」村上志緒 著 東京堂出版〉

ドクダミを摘んだら、洗って水分を落としてから陰干ししておけば、お茶としても飲めます。緩下、利尿などにはお茶(ハーブティー)として飲むと良さそうです。私もよく飲んでいます。

ドクダミってほんとうにすごい。