サプリや漢方で改善しないひどい生理痛なら

私は生理痛がひどいときは鎮痛剤を飲んで耐えながら、痛みを和らげらる方法をネット検索して調べてみたり、本や雑誌を読んでみたりしたものです。いろいろと参考にして実践してみて言えることは、漢方やサプリメントでは重たい生理痛は改善できない、ということです。

ひどい生理痛は他にも原因が隠れているかも

体質を改善すればとか、気の巡りや血の巡りを良くすればとか、そういった書き方の記事が目立つので、それらをあたかも生理痛を和らげる「正しい方法」のように受け止めてしまいがちでした。痛みを取れるならどんなことでも試してみたくなるものです。

私はそんな情報にすがってばかりいたので、ついつい病院へ受診しに行く選択肢からは遠のいていた時期もありました。病院に行っても結局鎮痛剤を渡されるだけだったことが続いたので、それならば体質改善してみよう、という選択をしていました。しかし正直なところ、漢方薬やサプリメントでは、ひどい生理痛はまったく改善しませんでした。盲信して高いお金を払って漢方薬を一所懸命に飲みましたが、残念なことに効果なし。

中国からは漢方薬を、南米からはマカを、インドからはシャタバリ(ハーブの一種)を、各地から取り寄せて飲んだこともありましたが、これらも目に見えた効果はなく、いまとなっては世界各地からよくこんなに掻き集めたものだと、自分自身でも笑えるくらいのすがり様ですね 笑。

今になって思うことは、私のようなこんなにひどく痛む生理痛は、もっともっと病院に何度も行ってお医者さんに相談するべきだったかな、と思います。たとえどの医者も鎮痛剤を出すことしかしなかったとしても、回を重ねればもしかしたら鎮痛剤だけではない方法を聞き出せたのかもしれません。実際に何度かお医者さんに問いかけたことはあったのですが、私の気の弱さも相まって、その時点ではなかなかその先の手術の話を聞くまでには至りませんでした。

漢方で改善する人もいれば改善しない人もいる

ひどい生理痛で悩んでいる方がいれば、何度でもお医者さんに相談をしたほうがいいと、今ではおすすめしたいです。ひどくなってしまったものは、体質改善の時期をとうに過ぎているはずです。たいていの人たちは、症状が悪くならない限り病院に行ったり漢方薬に興味を持ったりしないと思いますが、その時点ではとくに漢方薬などの体質改善系のものは、あまり意味がなくなっている時期なのかなと思います。とくに婦人科の症状はまだまだ原因が分からないものが多いことからも、体質改善についても何を改善するべきなのかもあやふやなのでは? と個人的には思っています。

ちなみに、銀座にある不妊症の改善を得意とすることで有名な漢方医に1年ほど通ったことがありますが、そこの先生がおっしゃっていたことを思い出しました。私が「不妊症というか、その前に重い生理痛をどうしても直したいと思っています」と伝えると、先生は「??不妊症には漢方はよく効くんだけど???生理痛を治すのに漢方はね〜、いままでそんなことを言った人がいないから分からないけど、ま、処方してみますね〜」と仰っていました。その言葉の中にいろいろな意味が含まれていたのは、いまになって理解できたように思います。

辛い症状が続くのなら、あきらめずにもっと病院に相談するべきだったな、と思っています。漢方薬を過信したり、頼りすぎるだけでは道が開かなかったと後悔と反省を今しています。

それと合わせて、婦人科のお医者さんにも「重い生理痛」の患者について、もっと真摯な姿勢で改善策を提案してほしいと願って止みません。