この鳥のさえずりは何の鳥? そんなときには、

このきれいな鳴き声はなに? そんなときにはこれを見ています

信州は山に囲まれているだけあって、身近で聞こえてくる鳥のさえずりの種類も多いように感じます。スズメやウグイス、カッコー、トビ(トンビ)くらいは鳴き声もほぼ分かるけれど、時々とってもきれいな鳴き声が聞こえたりすると、何の鳥なのかさっぱりわかりません。

そんなときに私が参考にしているのはこれ。
サントリーの愛鳥活動|日本の鳥百科』という、サントリーのWEBサイト内にあるサービスです。
もちろん鳥の名前が分からないので…特徴なんかでも検索することができます。

知っているつもりだった鳥の鳴き声が、実はちょっと違ってた、という発見もあったり。「あー、これよく聞く声だな」という発見も。ちょっとした鳥好きさんにはとても興味深いサービスです。

 

○○が好き! 持ってる知識の量なんて関係ないわ♪

私はけっこう薄っぺらな好奇心が旺盛な質です。星も夜空も眺めるのが好きだし、鳥も小さくてチョロチョロとよく動き回る姿を見ているのも好き。犬も大好き。和装も好き。山も眺めるのもドライブするのも歩くのも好き。

でも、人との会話でよく言ってしまうのは「そんなに詳しくないんですけどね…」と付け足してしまうこと。○○が好き、と話題にするときにはどうしても言ってしまうんです。が、最近思ったのは、その一言いらないんじゃない? ってことです。何かに興味を持ち始めたりするきっかけは、まず始めに「好き、かも」というところから始まるものだと思うから。好きという感情が湧かないものには興味も持ちませんよね。

「○○が好きなんです」って軽く言ってみると、その先の会話も弾むかもしれないし、それに会話の相手もその知識を披露して欲しいとは思ってないことが多いと思うから。「○○が好き!」「私も!」ってなれば友だちになれるし。

だから私は無責任にも、興味を少しでも持ったら「これが好き」って言ってみようと思っています。

 

鳥の姿が、鳥のさえずりを聞くのが、好きなので

小さな鳥がとくに好きなのは、私の場合は遺伝のようです(笑。父も昔から鳥が好き。今では庭先に小さな棚を作って、冬のえさ探しに困っている鳥たちに、古くなったお米などを置いています。たくさんの小鳥たちがやってきますよ。たまに私も実家に遊びに行くと、そんな小鳥を眺めて癒されてます。

春になればもっといろんな種類の鳥たちがやってきます。モッコウバラの茂みの中には、山鳩が巣を作って卵を産みました。母鳥が庭先をのんびり歩いているところに遭遇して、逃げもしないのでなぜ? と観察していたら巣があったのです。ほのぼの。

 

鳥の声、虫の音、森の中の音とともに奏でるブラジルの音楽

近くの森に行けば、ほんとうに沢山の鳥たちが一斉に鳴いていて、森林浴の効果も相乗してとても気持ちのいい音響効果。その時の音が記憶に残るので、普段身近で鳥のさえずりが聞こえただけでも、頭の中のイメージの世界は一気に森の風景に飛んで行けます。これがリラックス効果ってやつですね。

それと併せて、私のお気に入りのCDもご紹介。

Ecnomusica: Conversas de um Piano Com a Fauna Brasileira
/Fabio Caramuru / 2015

ブラジルのピアノ奏者による、小鳥の声や虫の音とともに奏でられている心地の良い音楽です。

YouTubeでも視聴できます。→ https://www.youtube.com/watch?v=JzjcTxuYJYU

 

鳥の声、虫の音、自然の音を感じながら、癒されるだけでなく自然の大切さ偉大さなんかもじっくり味わうことができる1枚です。

 

保存保存